Oh!Kotetsu


NCEC Roadster Life

筑波サーキット(TC1000)

2015.05.04
ディーテクニックの走行会に行ってきました。
http://www.d-technique.co.jp/contents/motor-sports/cat3/
http://www.d-technique.co.jp/magazine/2015/05/

5/5に行われるパーティレースの前日に、毎年行われているもので、ここでの走行は今回で2度目。

ちなみに他は、筑波2000をロドBros.の企画でこれまた贅沢な2000kmを占有12台程度のを一度、筑波ジムカーナを1度、リニューアル直後の富士を追い越されてばっかりの1度+メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの企画で高速パレード走行を2度、ツインリンク茂木の安全講習を自車で1度、程度。
http://www.mawj.org/mt.fuji-ride/index.html

でも、このイベント自体は何度か訪れていて、クラブ「RS★同好車」として、併設している駐車場の空き部分で、ロードスターやフィアットのミーティングのお手伝いをしていた場所でした。

で、その走行(笑)

まだまだこの先、3秒も4秒も、5秒も6秒も違うって、どうなんだろうね?
けっこう頑張ってたのに。

早いクラスの人は、コンスタンスに1週が43秒台とか42秒台とかだった。
レコードでは、NCECロドで40秒台もいるらしい。
40秒切る車もいるそうな。

その差はいったい・・・

初心者向けミーティングのとき、「1コーナー進入直前には、その車のほぼMAXスピードが出せる」ということでした。

後で撮影していた車内ビデオを見てみると、せいぜい120キロちょいくらい。

ストレートエンドでの速度差が違うってことは、その手前、最終コーナーでの段取りが悪いってことですよね。最終コーナーでの段取りが悪いってことは、その前での姿勢が、その前の姿勢ってことは、さらにその前の…ですよね。

大きなところでは、この差ですかね。

-----

クラスはABCDと4クラスに分かれていて、Dは初走行、Cは2〜4回目程度の初心者枠。
5ヒートと3ヒートとの案内があって、
そのCクラスの5回走行の枠で走りました。

けっこう安全な台数で走らせてくれて、C5クラスはたったの5台。
1000mのコースですので、1kmを5台で占有というと、卓上計算では200mに1台。
そんな贅沢な走行会でした。

しかも今回、ボーナスヒートとして、6ヒート走れました。

-----

写真の上から3番目にある走行しているロドは、軽井沢ミーティングでもコマ図の制作担当をしている方のNC。
内装は木目、外装はジャガーのFタイプに全塗装で、電動屋根部分はつや消しの茶で内装と同じ感じになっている。
これぞ「NCのVスペ」という、とてもブリティッシュな印象です。

-----

結果。。。

1ヒートベスト:52.284
2ヒートベスト:48.557
3ヒートベスト:47.971
4ヒートベスト:47.953
5ヒートベスト:48.063
6ヒートベスト:46.872

う〜ん、ま、こんなものさ。


コメント(0件)

コメントはまだありません
一番最初のコメントをしますか?